« ねるとんパーティー | トップページ | ねるとんのテーマ曲 »

2018年9月24日 (月)

ねるとん紅鯨団

ねるとん紅鯨団は1987年10月3日から1994年12月24日まで毎週土曜日に放送されていた番組です。。
めがねと帽子がトレードマークのプロデューサーがプロデュースした番組で、司会は二人組みの男性お笑いタレントでした。
このねるとん紅鯨団が、現在のカップリングパーティーの走りなのではないでしょうか。
ねるとん紅鯨団の始まりは、男性と女性が自己紹介するところから始まります。
男性陣と女性陣がそれぞれに横一列に並んで向かい合いながら自己紹介をするのですが、ねるとん紅鯨団では第一印象で誰が好みのタイプなのかを聞いていたように覚えています。
その第一印象が、時間の経過とともに変わっていく様子も、ねるとん紅鯨団を見ていて大変面白いポイントでした。
そして、なんといってもねるとん紅鯨団から誕生したのはフリータイムと告白タイムだと思います。
気になる異性に好き勝手にアピールすることができるフリータイムという時間を設けていました。
このとき、いかにして気になる異性に近づくか、ねるとん紅鯨団は実況中継されていたのです。
男性が気になる女性の近くに行きたいのだけれど、女性が移動しまくりでなかなか近寄れなかったり、たくさんの男性に囲まれている彼女の傍へいかにして近づくかなど、ねるとん紅鯨団のフリータイムは大変盛り上がっていました。

ねるとん紅鯨団の最後は告白タイム。
男性が手を差し出しながら「お願いします」と告白します。
そして女性がお相手を気に入れば、「お願いします」と言って差し出された手をつなぎ、ねるとん紅鯨団ではめでたくカップル誕生となります。
しかし女性が告白してきた男性を気に入らなかった場合「ごめんなさい」と頭を下げてお断りします。
このとき、ねるとん紅鯨団内で絶対カップルになるだろうと予想されていた男女が、告白タイムでカップル不成立となって番狂わせになると面白く感じました。
他人の不幸を大声で笑うことができたのも、ねるとん紅鯨団のおかげかもしれません。

ねるとん紅鯨団に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
そしてねるとん紅鯨団を真似たカップリングパーティーも、現在あちらこちらで開催されているようで、その情報もネット上には満載です。
普段異性に知り合うチャンスが少ないという人は、ネットでカップリングパーティーの情報と併せて結婚相談所の情報を手に入れてみてはいかがでしょうか。

東京の結婚相談所 

« ねるとんパーティー | トップページ | ねるとんのテーマ曲 »